多数の生け花道具、花器、花関連グッズを取り扱う専門店【花楽】

>ログイン >会員登録
ようこそゲスト様
> 書籍> 花器
>いけばな作品集>教本/テキスト
>参考書>エッセイ
>古典>図鑑
>英文/中文書籍>スケッチノート
>月刊誌>その他
>陶製>京焼/清水焼
>萬古焼>銅製
>竹製>ギャラントシリーズ
>ガラス製>ステンレス製
>アクリル製>アルミ製
>小型花器>その他花器
> 華道具> 水揚げグッズ
>花はさみ>剣山
>針金>テープ類/接着剤
>敷板/花台>花留め
>はさみ工具類>水差し/バケツ
>受筒/落とし>幹足/釘付幹足
>その他道具
>液体タイプ>粉末タイプ
>スプレータイプ>道具
>その他
> 装飾素材> 袋/ケース
>球体>長細系
>シール/テープ>シート
>乾燥素材>シルバーミラー
>その他
>花袋>鋏ケース
>針金ケース>剣山ケース
>その他ケース
> 初めての方> セット商品
>初めてアイテム>セット商品
>書籍
>はじめての方向け>オリジナルセット
>期間限定セット
> 雑貨/お土産 
>池坊オリジナル>公長齋小菅
>アーンジョー>お菓子
>便箋/封筒>小物
> 2020年度 池坊カレンダー・手帳
> 日本華道社いけばなショップ リニューアルオープン
> ぐっとよくなる自由花・生花・立花シリーズ
> 異質素材アイデア
> 花器のいろは
> お花を長く楽しむための水揚げグッズ
> 銅製花器
> 信楽焼自由花花器
> 京焼・清水焼花器
> もっと自由に花留アイデア
> 竹花器特集
> 月刊誌紹介

京焼・清水焼花器

  1. トップページ
  2. >  京焼・清水焼花器

京焼・清水焼花器

京都市東山区の清水坂・五条付近で作られる清水焼は、近世以降に京都で作られた陶磁器・京焼を代表する焼き物として知られています。

「花楽」で扱う京焼・清水焼のうち、京都・伏見で三代にわたって花器を専門につくる窯元にお話を伺いました。

ろくろで成形し、細かい部分は手で調整します。同じ型の花器をすべて同じ形に作ることができるのも熟練の技。

成形が終わると3日間天日干しをします。
三代目だそうですが、いつ頃から花器を製作されているのですか?
祖父である初代が戦後まもなく伏見区(京都市)に窯元を開き、そのときから花器を専門に作っています。
コンポート型(果物を盛る足付きの食器)の花器を初めて制作したのは祖父です。
花器はどのようにしてデザインしているのですか?
立花や生花の伝統的な花器の形は、池坊の先生方から教わることも多いですよ。
伝統を守りながら現代的な美感も表現したいと考えていますが、先生方もまた、伝統の中に新しい美を求めて作品をいけてらっしゃるので、花器も常に新しさを感じていただけるものを目指しています。
花器制作で最も難しいことは何ですか?
花器の配色です。「花を引き立てるのが花器の役目」ということを忘れず、あえて色味や色数を抑えています。
制約がある中で独自の色を作るために、釉薬の調合を行いますがなかなか思うようにいかず、大変です。
いけばな作品を支える美しい花器は、華道家の情熱に応えようとする陶工の手によって、今もなお進化を続けています。

1,220~1,230℃で約11時間「本焼き」をした後、完成品を取り出します。窯の温度は48時間たってようやく200℃にまで下がります。

京焼・清水焼を見る

TOPページ

> お電話でのお問い合わせ

受付時間/平日9:00~17:00
FAX.075-212-0659

メール・FAXでのご注文は24時間受け付けております。
ご注文の納期・問い合せのご連絡は休み明け以降となります。

会社名 株式会社日本華道社
〒604-8134
京都府京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町235池坊ビル内

表示: PC | スマートフォン

▲ページTOP